普通に生活を続けていても何からの理由で急にお金が必要になることは別に珍しいことではありません。

 

お金を自分で工面できない場合にはお金を借りることを考えなければなりませんが、お金を借りるときに絶対に忘れてはならない2つの鉄則があります。

 

お金を借りる場合には金融機関等から金利が必要なお金を借りる場合と親類や知人などからの金利が必要でないお金を借りる場合がありますが、どちらのお金もお金を借りた以上は全額返済するということが前提条件になるのは当たり前の話です。

そして、金利が必要なお金を借りた場合に2つの鉄則を守ることで利息がすくなくなり、自分を守ることにもつながります。

 

一つはお金を借りるときにはなるべく金利が低い金融機関から借りるようにすべきです。

緊急にお金が必要になったときなどは借りれるかどうかを優先することも考えられますが、近年ではインターネットで金利の比較なども簡単にできますから、できる範囲で金利が低い方法を検討しましょう。

 

もう一つは借りたお金は短期間で返済してしまいましょう。

金利が低いお金を借りても返済が長期になると利息がかさんでしまいます。

 

短期で返済してしまうことは利息が少なくなることですから、なるべくなら短期で返済することで利息を抑えることができます。

初めに長期の返済契約を結んでしまったという人でも繰り上げ返済を利用できる契約であれば、なるべく繰り上げ返済を利用して返済してしまいましょう。

お金を借りるときは、できるだけ低金利で借りることをお勧めします

仮に当日中や2日以内にお金を借りる必要がある場合には、クレジットカードのキャッシング枠を利用して、お金を借りることがもっとも手間のかからない借金方法だと思います。

キャッシング枠のあるクレジットカードさえ持っていれば、何も書類を必要とせず、コンビニのATMやクレジットカード会社のATMを利用して、お金を借りることができます。

 

ただし、クレジットカード会社のキャッシングの場合は、金利が18%に設定されている会社が多いですから、単純計算で、10万円借りれば借入利息は18000円となります。

 

急いでお金を借りる必要がありながら、クレジットカードにキャッシング枠がない場合には、消費者金融に借金を申し込む方法も有効です。

早朝に借り入れを申し込めば、当日中にお金を借りることが可能です。

 

ただし、消費者金融の場合は審査がありますので、事前に、身分を証明する運転免許証やパスポート、個人番号カードといった顔写真つきの証明書類をひとつ用意することが必要です。

借入希望額が10万円ならば、収入を証明する書類を提出する必要はない会社がほとんどです。

 

審査では、勤務先の事業所への在籍確認がポイントとなります。消費者金融会社の社員が個人名で「〇〇さんいらっしゃいますか?」と会社へ電話をかけるのです。

金利面では、消費者金融も高く設定されており、18%であるケースがほとんどです。

 

最後に、1週間や10日ほど時間的余裕があり、できるだけ低い金利でお金を借りたいならば、銀行や信用金庫のフリーローンやカードローンに申し込むのが良い方法だと思われます。

銀行によっては10%未満の金利で、お金を借りることが可能です。10万円ならば、審査内容は消費者金融と同じです。

 

ただし審査を通過するまでに数日間必要となってしまいます。