s.cさん 30代前半女性 (広島県在住)

私は25歳の時、冠婚葬祭費用目的として10万円ほどプロミスでお金を借りたことがあります。

即日融資希望のように早くお金が欲しいのであれば、インターネットからの申し込みが便利です。

 

プロミスは24時間365日いつでも申し込みを受け付けています。

 

私は本人確認書類として運転免許証を提出しましたが、パスポートや学生証やマイナンバーカードなど、顔写真が入ったものであれば本人確認書類として有効だと思います。

ただし、50万円以上の金額であれば収入証明書も必要になってきます。

 

また、無収入者や69歳以上の人はプロミスでは借り入れができないはずです。

当時私は正社員での定期的収入があったので、審査における信用度はあったと思います。

 

プロミスは他社と比べて低金利な金融機関だと言われていますが、私はメールアドレスの登録とWeb登録が必須な、初回のみ30日間無料の無利息サービスを利用したので、この期間に返せるアテがあるのであれば利用しない手はないです。

 

私はプロミスのレディースキャッシングを利用したのですが、電話であれば女性オペレーターのみ対応中なので、不安な点を電話で聞いてみれば丁寧に時間をかけて説明してくれます。

 

最大融資金額は500万円までとなっています。

金融機関では悪徳業者も存在するので、世間で名の知れていない金融会社であれば利用しないほうがいいです。

 

お金を借りるには収入があり在籍確認が必須なのに、無職者でも借りられる・在籍確認も必要ないと言われた場合は、悪徳業者を疑うべきです。

利用者の口コミ等もネットに載っているので、それを見て参考にしてもいいと思います。

使って損なし無利息キャッシング

大手キャッシング会社の中には、初めて借り入れを行うという人に向けた、無利息キャンペーンを展開している所もあるので、せっかくの機会は有効に活用していくのが良いです。

対象のキャッシング会社で借りれば、利息が付かない分お得に借り入れができます。

 

利息というのはお金を借りる時についてくる、手数料のような消費税のようなお金のことで、借りたものに利息を付けて返済を行うのが借り入れの基本となります。

元の金額と利息込みの返済金の差額を、利益として回収することで、お金の貸し借りを商売として成り立たせているのが、キャッシングサービスの正体です。

 

利息はキャッシング会社の貴重な収益につながる存在であるため、利息負担は滅多に利用者から取り上げられることはありません。

その滅多にないチャンスが無利息キャンペーンというわけです。

 

利息を無しにするこの取り組みは、キャッシング会社が顧客を集める目的として行っているものであり、ゆえに対象者は初めての借り入れ利用者のみと定められます。

注意すべきは一回の借り入れにかかる利息全てが発生しなくなるわけではなく、一週間や一ヵ月と期限が設けられている点で、決められた日数が経過してしまえば、初めてお金を借りて返済をし終えていない人にも利息の負担は降りかかってきます。

 

完全な無利息での利用を求めるのであれば、期間中に全額返済を果たすのが条件となるでしょう。

無利息期間中に全てを返せれば、実質ただでキャッシングを使えたことになります。