ビットコインの値上がりが話題となり、仮想通貨に注目が集まっています。

現在、一番有名で価格が高騰しているのがビットコインという仮想通貨です。

 

日本でも使用できるお店が増えたりと、利便性が高まってきました。

そんな背景を機に、ビットコイン以外の仮想通貨にも資金の流れが期待されています。

 

仮想通貨は、暗号通貨と呼ばれたりもしますが、仮想通貨と暗号通貨は同じ意味を持っています。

リップルも仮想通貨の1種で、知名度も高くあの大手検索会社googleが出資していることでも有名です。

 

リップルは、リップルラボ株式会社が運営するサービスの一つで通貨の名称ではありません。

具体的には、リップルラボで使用する支払い決済に「XRP」という仮想通貨を取引に使います。

それをリップルと呼ぶようになり、知名度を上げていきました。

 

現在、私たちの生活でXRPを使用することはありませんが、大手銀行との提携も発表しているので、期待が高まっているのです。

現状実用性はなく投機の意味合いが強い通貨ですが、ビットコインの欠点を補うために開発されたといわれており、メリットも多く存在します。

 

その中でも決済のシステムがビットコインよりも早いといった利点に注目すべきです。

リップルのシステムを利用することで決済が早くなるため、他の仮想通貨や外貨への交換にリップルのシステムが使われることも一般的になってきました。

 

現在は時価総額がビットコインやイーサリアムに次ぐ3位に位置していますが、今後については期待が持てる仮想通貨といえます。