ライトコインは2011年に公開された仮想通貨の一つです。

時価総額としてはビットコイン、イーサリアム、リップルに続いて第4位の規模をもっており、それなりの存在感を持っていると言えます。

 

ライトコインの大きな特徴としてはライトコインはビットコインから派生してできた仮想通貨ということです。

ですので、ライトコインはビットコインと同じプログラムからできており、システムや機能はビットコインとほぼ同じものになっています。

なので、ライトコインの役割としてはビットコインの扱いにくさを解消するために使われる仮想通貨がライトコインなのです。

 

ライトコインはビットコインとは違い、開発者がわかっています。

 

ライトコインの開発者は「ビットコインとライトコインは競合するものではなく、それぞれに住み分けをすることができる」と言及していることからもライトコインとビットコインが似通っているもということがわかります。

 

ビットコインの扱いにくい点は決済速度が早くないこととマイニングの面倒さがありました。

ライトコインでは決済速度はビットコインが10分位かかるものが、約5分の一くらいで決済が可能となっていることに加えて、ビットコインではマイニングには超高速コンピューターが必要であるものが、ライトコインでは個人のパソコンレベルでも可能となっています。

 

ただし、ライトコインはあくまでビットコインの派生の仮想通貨なので、イーサリアムやリップルのようなプラスの機能は持ち合わせていません。