何らかの理由で急にまとまったお金が必要になった場合に、まず思い浮かぶのは銀行や消費者金融からキャッシングを利用することでしょう。

しかし、もしあなたが生命保険の契約をしているならば生命保険の契約者貸付という制度を利用すれば、銀行や消費者金融で利用するキャッシングやカードローンなどよりずっと低金利でお金を借りることができます。

 

もちろん、生命保険の契約を解約する必要はありませんし、生命保険の契約に何ら影響を与えることはありません。

 

生命保険では満期が到来する前にその生命保険の契約を解約した場合に戻される解約返戻金があります。

その解約払戻金に対してそれぞれの保険会社や保険契約によって一定の割合でお金を貸す制度があり、それが契約者貸付制度です。

 

その割合は保険会社や保険契約によって違いがありますが、解約払戻金の70%から90%になっている場合がほとんどです。

保険会社としては解約払戻金を担保としてお金を融資してくれるのです。

 

貸付制度ですから、無利子というわけではありません。

契約者貸付制度の金利も保険会社のよって変わってきますが、生命保険の契約書の記載がある予定利率より1%から2%程度を上乗せし金利になっています。

 

予定利率が2%ならば契約者貸付制度では3%から4%の金利というわけです。

このことからわかるようにキャッシングやカードローンなどより金利面で有利になりますし、返済も自分の都合に合わせて金利をプラスした金額を返済すればいいのです。