消費者金融には大手の他に中堅の業者が存在しますが、両者の違いを見ると、やや中堅の消費者金融の方がお金を借りやすいという特徴があります。

必ずしも大手より中堅が借りやすいとは言い切れませんが、相談次第で融通してくれる場合も少なくないため、審査落ちが気になる人ならとりあえず申し込んでみても良いでしょう。

 

借りやすい理由の一つが、若干金利が高めである部分です。

お金を借りる場合、手数料として金利に基づいた利息を支払ってきます。

 

金利が低いほどお得に借りられるものの、それなりに審査が厳しくなるのが普通です。

金利が少し高めに設定されている中堅の消費者金融であれば、大手で断られたとしても、審査に通してくれる可能性を期待することができるでしょう。

 

中堅の金利が高いのは大手に比べると知名度が低く、顧客を集めるのが難しいからです。

借りやすさの部分で差別化することで、大手と違った顧客層を獲得する工夫をしています。

 

審査に通りやすいのであれば誰でも借りられそうですが、総量規制の問題に気を付けなければなりません。

他社で既にお金を借りているなら、その総額が年収の3分の1を超えていないか、知っておく必要が出てきます。

 

年収の3分の1を超えていると、その他の要素に問題がなくても中堅の消費者金融でお金を借りることができません。

現在の借金総額を減らしたり、もっと多くの年収を目指したりなどの工夫をしてみましょう。

 

たとえ中堅であっても返済期日は守る義務があります。

返済の遅れがないように、きちんとお金の管理をしておいてください。